カラダノートベビー

子育てしやすい街ランキング!


出産、育児をする上で、環境や行政のサービスも気になりますよね。カラダノートベビーでは、保育園・幼稚園の数、産婦人科、小児科、公園充実度の点から子育てのしやすさについて調査した結果をまとめました。

5大都市の子育てしやすさ1位の自治体はココ!

北海道、東京、大阪、京都、名古屋の5大都市の1位の自治体は、医療や保育施設充実度もさることながら、家族で過ごすための施設やサービスなどが充実している印象です。

北海道 函館市
五稜郭やキャンプ場、ロープウェイなどある。札幌市から電車で2時間半ほどの距離にある。待機児童0!

東京都 港区
TV局や六本木、表参道など華やかなイメージがある港区は、家賃高めの地域が多く、公園以外の施設充実度が都内でもトップクラス。

大阪府 大阪狭山市
リスの餌やり体験ができるふれあいの里や、日帰り温泉虹の湯など大人も楽しめるスポットが沢山ある。待機児童数も0!

京都府 福知山市
動物園、児童科学館、キャンプ場、鉄道好きな子供のためのポッポランドなど、レジャー施設が充実している。認可保育園、産婦人科、小児科の充実度がかなり高い。待機児童も0!

愛知県 碧南市
水族館、温水プールなど一年中楽しめるスポットがある。公立幼稚園と公園の充実度が特に高い。待機児童も0!

ここで紹介している結果は一部となります。全体の結果はこちらをチェック。
>>「5大都市別!子育てしやすい街ランキング」<<

  それぞれの項目のTOP5をまとめて紹介します! (人口4万人以上の自治体を元に集計を行っています。)

認可保育園充実度1位は「熊本県 天草市」

件数のみで言えば、首都圏の施設件数が圧倒的に多いですが、人口に対しての充実度でいえば20%にも届いていないのが現状です。1位の熊本県は人口が同程度の県に比べても、施設件数が20件以上多く、環境的に良い

1位 熊本県 天草市・・・58件(61%)
2位 長崎県 雲仙市・・・28件(56%)
3位 島根県 益田市・・・29件(56%)
4位 宮崎県 小林市・・・22件(53%)
5位 鳥取県 倉吉市・・・26件(51%)

産婦人科充実度 1位は「滋賀県長浜市」

TOP5でさえ、充実度は30%に届いていません。産婦人科の数は年々減少しており、生みにくい環境の条件のひとつになっているかもしれませんね。

1位 滋賀県 長浜市    ・・・ 18件(22%)
2位 東京都 千代田区 ・・・ 10件(22%)
3位 岐阜県 関市       ・・・19件(21%)
4位 東京都 港区       ・・・26件(13%)
5位 東京都 渋谷区    ・・・24件(12%)

 

小児科充実度1位は「岐阜県関市」

岐阜県関市、東京都千代田区、滋賀県長浜市は産婦人科充実度でもTOP5に入っている自治体でした。
妊娠、育児において安心できる医療環境といえますね。

1位 岐阜県関市     ・・・83件(90%)
2位 東京都千代田区   26件(56%)
3位 千葉県旭市     ・・・37件(53%)
4位 滋賀県長浜市 ・・・40件(49%)
5位 長崎県五島市 ・・・18件(42%)


医療費助成期間1位は「南富良野市」

全自治体の医療費助成の対象年齢の割合を調査したところ、1742の自治体のうち、医療費助成を行っている自治体は1712、対象年齢は15歳までが一番多いことがわかりました。

全体の64.3%が15歳、次いで18歳(13.0%)、6歳(10.2%)、12歳(9.8%)と、中学生までの医療費助成を行っている自治体が多いようです。
北海道の南富良野市では22歳まで医療費助成があり親御さんは大助かりですね。
学費や塾など出費がかさむ時期に、医療費のサポートがあると助かりますよね。
 

公園の数日本一の自治体は「北海道札幌市」

公園というと自然が多い地域が思い浮かびますが、都市部で公園充実に対し、力をいれているようです。

1位 北海道 札幌市  ・・・2717ヶ所
2位 神奈川 県横浜市・・・2642ヶ所
3位 福岡県 福岡市   ・・・2044ヶ所
4位 宮城県 仙台市   ・・・1656ヶ所
5位 新潟県 新潟市   ・・・1569ヶ所

 

一番安全な自治体は「岩手県岩手町」

1年間の刑法犯犯罪認知件数を元に調査したところ以下のような結果になりました。

1位 岩手県 岩手町   ・・・25件
2位 愛知県 新城市   ・・・27件
3位 愛知県 田原市   ・・・39件
4位 石川県 能美市  ・・・ 60件
5位 愛知県 常滑市   ・・・80件


子どもを持つ親としては、少しでも安全な場所に住みたい気持ちが強いですよね。
犯罪が少ない地域は、地域交流が活発なこともポイントの一つかもしれません。
TOP5のうちの3つに愛知県がランクインしていますが、TOP10で見ると5つが愛知県の自治体でした!


あなたの自治体は何位でしたか?自分の地域のサービスなどについて改めて見直してみるのもいいですね。
今回調査したポイント以外にも、妊娠・出産、育児に関する調査などを行い、役立つデータの提供をしていきたいと思います!

  本調査結果は、公的発表数値をもとに、5大都市の都市雇用圏内の自治体を対象に、 子育てのしやすさを「待機児童数」、「認可保育園充実度」、「公立幼稚園充実度」、「産婦人科充実度」、「小児科充実度」、「公園の充実度」の6つの観点に分類し、 各項目毎の20位以内に順位に応じて加点した合計値で算出いたしました。(充実度は人口対する比率)

育児ひろば