カラダノートベビー

高齢出産


35歳以上の出産を高齢出産と呼びます。近年は晩婚化が進み高齢初産婦が増えました。 医療技術面でのサポート体制は急速に進歩し、高齢初産婦に起こりがちな合併症や妊娠高血圧症候群も早急に認知し、管理する方法が確立されています。しかしながら、35歳以上の妊娠・出産において母子ともに異常が増えるのは事実です。

高齢出産で起きるトラブルとは?

高齢での妊娠・出産におけるトラブルを知っておきましょう。
高齢になると出産トラブルが多い?!高齢出産のリスクと2人目以降の妊娠について

高齢出産は流産のリスクが上がる?

全妊娠の自然流産率(10~15%)に対し、35歳以上では約20%ともされています。
高齢出産だと流産のリスクは高くなる!原因はタンパク質の減少にあり!?

高齢出産では妊娠高血圧症候群に注意!

高血圧になる可能性は20代の1.8倍とされ、妊娠高血圧症候群が多くなります。
高齢出産で軽視できない妊娠高血圧症候群…母体にも胎児にも悪影響がある!

高齢出産で生まれた子どもはダウン症の発症率が高い?

ダウン症の確率は、20代の発生率が0.1%未満なのに対し35歳以降は0.3%、40歳以上になると1%です。ですが、高齢出産ならではのメリットもあります。母親の精神が安定しているため、余裕を持って妊娠・出産・子育てができます。
高齢出産のリスクと言われる染色体異常とその確率とは?年齢とともに高くなるダウン症発症率

体力的な面ではあまり余裕を感じられませんが、経済力があるため、ベビーシッターや託児施設を利用するなど、体力面での不足を経済力で補うことができます。

また、高齢出産すると女性ホルモンにより若返るという見方もあるようです。「自分はリスクを抱えている」という意識から食生活や体重管理などに十分注意を払うため、お産が軽くすんだ・・・というケースも。 これらの若返り現象は産後も続き、小さな子供を抱えているだけで実年齢より若く見られるようです。マイナスイメージばかりが行き交う高齢出産ですが、このようなプラス面もあります。

あわせて読みたい

妊活ひろば